ペットショップは衛生管理が第一!優良店はここをチェックしよう!


清潔なお店は動物の衛生管理にも気を配っている

ペットショップは様々な種類の動物がいるお店なので、どうしても店内には動物特有の体臭が漂ってしまいます。しかし清潔なお店は不快な臭気がほとんどありません。これはこまめに掃除を行っているためです。ペットショップにおける掃除は床や壁の汚れを取り除くこと以外に、飼育している動物を清潔に保つことも含まれます。ペットショップの多くは子犬や子猫を扱っていますが、それらの動物へのブラッシングや入浴をこまめに行うお店は店内が臭くありません。食べ残しのペットフードを迅速に処分するのも悪臭の予防に繋がっています。逆に店内が臭いお店は動物を丁寧に扱っていないと判断できます。そのようなお店の動物は体が弱く、病気を患っている可能性が高いので避けるのが賢明です。

優良なお店は動物に詳しい人が働いている

ペットショップで働いている人は動物に詳しいイメージがありますが、中にはほとんど知識が無い人がいるお店もあります。そのようなお店では動物ごとに異なる最適な飼育環境を理解できていないので、種類に関係無くごちゃ混ぜにして飼育していることも少なくありません。当然、衛生管理も杜撰になってしまい、動物の体調が損なわれてしまうのです。優良なお店は動物の知識が豊富な人が店員として働いているので、種類ごとに最適な環境を保ちながら飼育しています。動物の健康状態も良好なので、長く飼育することができるのです。ペットショップの良し悪しは店内の衛生状態を確認し、店員に動物の飼い方を尋ねるのが最適な方法と言っても過言ではありません。

ペットショップなら東京に年中無休でトリミングやホテル、さらにクリニックなどのサービスを備えたショップが沢山あります。