意外と知らない!?ペットを購入する方法3選


ペットショップで購入する

ペットショップで購入する場合、店内でペットフードなどの飼育用具が販売されていることも多く、購入したペットもすぐに受け取れるため、「今すぐペットを飼いたい」という方にお勧めです。また、飼育の際の注意点を購入時に説明してくれたり、もしもの時の電話相談に対応しているペットショップもあり、初めてペットを飼うという

方も安心して購入することができます。

ブリーダーから購入する

ブリーダーは、ペットの繁殖を主に行っている業者です。ブリーダーからペットを購入すると、問題が起きた時にブリーダーに問い合わせることができるほか、犬ならば犬種や性格の指定など、自分に合ったペットを選んで購入することができます。

また、ほとんどのブリーダーから購入するペットは購入者に引き渡す前に健康診断を受けており、購入者は安心してペットを受け取ることができます。ただし、ペットショップと違いすぐに受け取れるわけではない上、ブリーダーの中には悪徳な業者もいるので、ブリーダーからペットを購入したいと考えている方はそれらの注意点を加味した上で、ペットを購入しましょう。

動物愛護協会や保健所から引き取る

動物愛護協会や保健所からペットを引き取るという方法もあります。これらの施設では心無い飼い主に捨てられたペットなどを飼育しており、条件を満たせば里親としてペットを飼うことができます。

基本的に無料ですが、ワクチン接種や不妊手術をする場合などは里親の負担になることがあります。

里親になる条件は厳しすぎるという声もありますが、これらのペット達は一度不幸な目にあっており、その不幸を繰り返すことにならないためにも、条件をきちんと理解した上で里親として責任をもって飼育する覚悟も必要となるでしょう。

子猫販売なら神奈川のペットショップをイメージするかもしれませんが、ブリーダーからの購入もおすすめです。猫好きな方々なのでトークも弾み、相談も親身に聞いてもらえるでしょう。