じっくり考えよう!あなたに合ったペットの入手方法とは?


ペットショップから迎える

ペットを飼いたいと思ったとき、まずペットショップを訪れる人は多いでしょう。誰でも訪れやすいので、いつでも気軽にペットたちを見に行くことができます。人気のペットを取り揃えていて、犬や猫だけではなく、うさぎやハムスターなどの小動物や鳥、爬虫類などいろいろな種類を取り扱っている店舗が多くあります。ペットショップで購入する場合、必要なペット用品も一緒に揃えることができるので、初めてペットを飼う人にはおすすめです。

ブリーダーから迎える

犬や猫を飼いたいと思っている人には、ブリーダーから購入することができます。ブリーダーは、特定の種類に絞って繁殖しているところが多いので、その種類に関しての知識が豊富なため細かいアドバイスを聞くことができます。ブリーダーでは、親を見ることができるので、遺伝性疾患の有無や成長したときの大きさ、性格なども参考になります。ペットショップに比べて長い期間を親や兄弟と一緒に過ごすことができるので、社会性が身につきやすいと言われています。

動物の保護団体から迎える

保健所や民間の保護団体などから、ペットを迎えることもできます。この場合、費用は無料だったり、必要経費のみだったりとペットショップやブリーダーより安くペットを入手できます。しかし、譲渡条件などがあり、簡単に入手できない場合が多いです。年齢や保護されるまでの生活環境がわからない場合がほとんどですが、民間の保護団体などでは譲渡会などを開催しているところも多く、実際に触れあったり、お試し期間として一緒に生活することができたりします。

子犬販売は街中にあるペットショップだけでなく、子犬の飼育を専門とするブリーダーが直接対応することもあります。