電子タバコを使うメリットと知っておきたいデメリット


タバコ特有のあの臭いが少ないだけでも大きなメリット

新しいタバコとして人気のあるタバコが電子タバコですが、電子タバコの魅力の一つに通常のタバコ特有の臭いが少ないというメリットがあります。普通のタバコは火をつけて煙を吸い、その煙を吐き出しますがその臭いはかなり強烈なものも多いです。また、その臭いは髪の毛や衣服、壁紙などについて中々落ちないため吸っている本人だけではなく周りの人も迷惑に感じることがあります。しかし、電子タバコはそのようなタバコ特有の煙が少なく、臭いを気にされる方にピッタリの商品となってきます。タバコを吸いたいけれど、周りの目が気になるという方も電子タバコなら比較的安心して吸うことが出来るでしょう。タバコ代節約にもなり一石二鳥のアイテムです。

デメリットも理解して利用する

電子タバコは、無害というわけでは無いということです。タバコに含まれる有害物質としてニコチン、タール、一酸化炭素がありますが電子タバコの種類によっては、ニコチンを摂取するタイプの商品もあります。電子タバコで身体が健康になるという類のものではないのでその点は注意が必要です。ただ、タバコに比べると摂取することになる有害物質は少ないと言われています。火を使って煙草の葉を燃やさないので、燃焼に伴って発生するタールをおさえられます。タールはいわゆるヤニ汚れで、タバコを吸っている人はよく歯がヤニ汚れで黄色くなりますが、電子タバコはそのような事も少ないと言われています。含まれる有害物質の量を見れば電子タバコは紙巻きタバコより優れた面があります。

vapeとは電子タバコのことで、タバコを吸う本人が摂取するタールの量を抑えることができたり周りの人に煙で迷惑をかけないといったメリットがあります。