電子タバコのメリットデメリットはなに?詳しく解説!!


電子タバコのメリットは?

電子タバコのメリットは以下のようになっています。

・ニオイを抑えられる

・喫煙可能な場所が増える

・周囲の迷惑が減る

電子タバコは紙巻きタバコに比べてニオイが抑えられています。

タバコ独特のニオイ発生しないですし車内や部屋にヤニがついてしまう心配もありません。

また、紙巻きタバコの喫煙をNGとしていても電子タバコならOKとしているお店が増えてきています。

電子タバコの変えることで喫煙できる場所が増えるのは大きなメリットと言えます。

さらに、ニオイと煙が少ない電子タバコは周りの迷惑がその分減るため、気兼ねなく吸うことが出来ます。

電子タバコは周りに与える影響が減る分今まで以上に楽しめるタバコと言えますね。

電子タバコのデメリットは?

電子タバコのデメリットは以下のようになっています。

・メンテナンスが大変

・初期費用がかかってしまう

・充電が面倒

電子タバコは紙巻きタバコとは違い、定期的にメンテナンスが必要としています。

メンテナンスをしないと十分な能力を発揮することが出来ませんし、故障リスクを高めてしまいます。

そして電子タバコは充電しなければ使用することが出来ません。

紙巻きタバコでは必要としていなかった行為が必要となってしまうのが面倒と感じてしまい、使わなくなってしまう人がいます。

また、電子タバコの利用に抵抗を感じてしまう理由の一つとして、初期費用がかかってしまうデメリットがあります。

本体購入には安くても数千円必要とする電子タバコは、その費用が無駄と感じてしまう人もいます。

面倒、そしてお金が紙巻きタバコよりも多くかかってしまう点が、利用検討している人にとって辛いところです。

煙の出ない電子タバコですが、喫煙者の吐く息から受動喫煙は発生します。リスクは低くとも健康被害は発生するので、周囲への配慮は必要になってきます。