機械式時計を簡単に手入れする、家庭にある物で誰でも簡単に手入れする方法は?


機械式時計を手軽に手入れする

機械式時計の手入れ方法は専門業者へオーバーホール(分解修理)に出す方法が一般的です。しかし家庭にある物を使っても、機械式時計を手入れする事ができます。今回はどのような物を使い、どんな方法で手入れするかを紹介します。

眼鏡拭きクロスを使った手入れ

機械式時計のケースが痛む原因は日常生活で時計本体に水や汚れがかかる事と、身体からの汗や皮脂などが時計に付着するからです。そのため日頃から水分や皮脂を拭き取る習慣を身につける事で、機械式時計の劣化を防ぐ事ができます。おすすめは「メガネ拭き用クロス」が最適です。眼鏡拭き用のクロスは目の細かい繊維を使っています。拭く事で繊維と繊維の隙間に水分や汚れがたまり、汚れを取り除きます。毎日または2、3日に一度位の間隔で機械式時計を拭くだけで本体ケースとブレスレットの美しさを保てます。

ブレスレットの隙間は歯ブラシで汚れを取る

レザーブレスレットはメガネ拭きなどで拭き取れます。しかし金属ブレスレットの場合、コマとコマの間の汚れはクロスだと上手く取れません。この場合、歯ブラシを使うと簡単に汚れが取れます。ぬるま湯で金属ブレスレットを浸し、中性洗剤を歯ブラシにつけて、軽く擦るようにして汚れを取り除いてください。この時、注意したい事は時計本体を外して、水がケース本体にかからないようにして、ブレスレットを洗浄する事です。

ムーブメントは常に動かしておく

機械式時計のムーブメントの維持方法は常に動かしておく事が一番です。高価な機械式時計を止めたまま、ケースに大切にしまっておく方も多く居ます。しかし機械式時計は動かさないと、潤滑油が機械の細部まで行き渡らなくなります。精度維持のためには常に動かすように心がけてください。

ウブロは、スイスの時計メーカーの名前です。ヨーロッパのセレブや王族御用達の高級腕時計を展開しています。