夏の暑さ対策として! 壁面緑化を取り入れよう


壁面緑化の効果について

真夏の暑さは厳しさを増していて、電力消費をいかに抑えるか頭を悩ませている人は少なくありません。扇風機やエアコンを使わないのは無理がありますし、省エネ性能に優れた家電がありますが電気代が大幅に下がるわけではないのが実情です。そこで追加の対策として取り入れたいのは壁面緑化です。これは建物の壁や窓を植物で覆うことにより、強烈な日差しを遮断する対策法です。植物によって日差しが遮られると、壁面の温度が低下して室内の気温上昇を抑える効果があります。これは日中だけではなく、夜間の過ごしやすさにも影響すると考えられています。壁面緑化を万全にすればエアコンが不要になるわけではありませんが、省エネを推進する方法のひとつとして見逃せません。

壁面緑化をどのように行うか

壁面緑化は、つる植物を生長させるのが基本です。一般家庭の場合は壁面にワイヤーを張って、そこに植物のつるが伸びていくように苗を設置するとよいでしょう。具体的には、ゴーヤやヘチマが育てやすい品種になります。植物の生長にはある程度の時間がかかるので、本格的に暑くなる前から準備を始めることが大切です。ゴーヤやヘチマは一年草ですが、ヘデラやテイカカズラなどは多年草なので継続的に植物の様子を楽しめるのが特徴です。企業のオフィスビルなどで一定の予算を確保できる場合は、プランターを壁面に並べて壁面緑化を達成する方法もあります。この方法の場合、プランターだけではなく植物への水やり用にパイプも設置するので、設置工事にある程度の時間がかかります。

夏に壁面緑化を実施すると、室内の温度上昇を抑制できますから、冷房費を減らすことができ、節電に大きく貢献することができます。